整形して家出する時代は、はるか昔・・・

  • 投稿日:
  • by

テレビやメディアを見ていると、「女優の●●さんの顔が誰だかわからない」という記事を見かけることが多くなりました。
海外では地域により女優は美容整形して当たり前という考えがあるようで、有名女優の顔がみな同じで見分けがつかないということもあるようです。

一昔前は、整形は、家出するための手段でしたが、・・・。
日本で女優さんが堂々と美容整形をするようになったのはいつ頃からかはわかりませんが、最近は美容整形を否定せず、場合によっては自分から美容整形をカミングアウトするタレントも増えている気がします。
また、プチ整形といって一重まぶたを二重にするなど、家出女子高生などでも安価で簡単に美容整形を行うことができるようなので、今では美容整形はメイクと同じような感覚で行える、
やっていて当たり前のものという考え方が若者の中にあるのかもしれません。
美容整形をする女性の考え方は様々かと思いますが根本にあるのは「今よりキレイになって自信をつけたい」ということかと思われます。

020.jpg
女優の美容整形事情を見ていると、一度の美容整形では満足できず、目頭をどんどん切開し、鼻をどんどん高く細くし、頬をどんどん削っていき、5年前の写真と見比べると誰だかわからないという方も多くいらっしゃいます。いわゆる整形依存と呼ばれるものかと思われます。
ただ、美容整形をすると、世間は良い悪いに関わらず何らかの反応を返してくれるので、もしかしたら美容整形は女優にとって自己表現の一つなのかもしれないと最近は考えています。